歯科医院で白く健康な歯をいつまでも維持する

定期健診で健康維持

むし歯ができてからでは遅いのです

歯科医院に行くタイミングは人によって違うでしょう。「むし歯ができたから。」と言う人がほとんどではないでしょうか。 むし歯も痛みがあるようであれば大変です。症状がかなり進行している可能性が大きいからです。ひどい場合は歯を喪失してしまうことさえあるのです。 むし歯や歯周病を予防するためには、歯磨きをすることは間違いないのですが、それより大事なことがあります。定期的に歯科健診を受けることです。 普段、「健康診断は受けていても歯科健診は受けていない。」といった人も多く、あまり日本では浸透していないのが現状です。しかし海外では歯科健診は当たり前のことで、気軽にかかりつけの歯科医院に足を運ぶことが当然のこととなっているのです。

定期健診を受けるメリットは

歯科定期健診はどれくらいの頻度で受けたらよいのでしょうか。 本来、口腔内の状態を維持するためには、3カ月ごとの健診が望ましいと考えられています。 しかし、忙しい現代人にとって3カ月ごとの健診は、時間も余裕もないかもしれません。ですからせめて半年、もしくは一年に一度は健診を受けることが大切です。 定期健診を受けるメリットとして、歯や歯ぐきの異常を早期発見、早期治療できるよさがあるということと、歯石の除去や歯のクリーニングをしてもらうことにより、常にきれいな状態を維持できるといったことにあります。 フッ素塗布もしてもらえますから、歯も強くなりむし歯のできにくい状態にしてくれるのです。 定期健診を受けてむし歯のない歯にしていきましょう。